翻訳会社・サービスの情報ポータル

グローバル化と翻訳会社

21世紀になって、国境という垣根を超えて、色々な国々との経済的、政治的なつながりが強くなるグローバル化が急速に進んでいます。これには飛行機を始めとする交通機関の発達はもちろんの事、どんな場所でも一瞬で通話やメールのやり取りができる通信網の整備が大きな助けとなっている様です。駅や町を歩いていても、英語、中国語、スペイン語などの標識を見ることがありますが、それだけ日本の国内にも海外からの方々が来ている証拠です。日本国内の会社や学校にも、海外からのスタッフや留学生がいることが多いですし、もしくは家族揃って日本で住んでいるという場合もあるでしょう。国内には約60万を超える外人が住んでおり、この方々との文書のやり取りは、日本語で行われる場合もありますが、その方の母国語で行った方がスムーズな場合が多くあります。

資料は英語で

そんなグローバル化の中で問題になっているのが、特に企業などでの資料作成ではないでしょうか。海外支社や海外の取引先との打ち合わせに使う資料の作成時、日本語で作成しても相手が読めなければ意味がありません。また、大学などで論文を書く時に英語で書かなければいけない場合、もしくは英語の論文を参考にして論文を書かなければ行けない、もしくは外国語の資料を取り寄せて、それを日本語にしたい場合など様々です。中には日本語が理解できるスタッフの方が対応をしてくれるかもしれませんが、いつでもそうとは限りませんし、相手の事を考えれば、取引先に応じて言語を変えて作成するのが当然のマナーといえるかもしれません。

辞書を片手に

ですが、それは簡単なことではありません。日本では小中高、そして大学、市中の英会話教室など英語を学ぶ環境は多いですが、実際に資料を作成するとなれば専門用語も多用されるでしょうし、自然な英語にするのは至難の業といえるでしょう。そんな時に頼りたいのが翻訳会社のサービスだと思います。翻訳会社では日本語から外国語、あるいは外国語から日本語、翻訳会社によっては外国語から更に別の外国語に返還をすることもありますので、まずは相談をしてみることをお勧めします。翻訳会社は皆様のビジネス、学業の大きな助けになると思いますので、翻訳会社選びは慎重にしていきましょう。国内には、様々な翻訳会社があるので、対応力なども様々ですが、翻訳会社の事をよく調べて依頼するようにしましょう。

~ 広告~
暮らしに関する業者の比較 生活110番 http://www.seikatsu110.jp/